Blog&column
ブログ・コラム

モルタル外壁に見られる劣化症状について

query_builder 2022/02/25
コラム
7
外壁は建物を紫外線や雨から守る役割を担っていますが、劣化してくると性能も落ちていきます。
そのため、モルタル外壁は定期的にメンテナンスをしなければなりません。
一般的に劣化症状が見られたらメンテナンスを検討しますが、どのような劣化症状が現れるか知っておかなければタイミングを逃してしまいます。
そこで今回は、モルタル外壁に見られる劣化症状について解説していきます。

▼モルタル外壁に見られる劣化症状
■色褪せ・変色
色褪せや変色は、外壁が雨や紫外線の影響を受けることで起こります。
軽度の色褪せの場合はすぐにメンテナンスが必要というわけではありませんが、塗装の性能が落ち始めているサインなので油断はできません。

■チョーキング
色褪せが進んだら、次はチョーキングが発生します。
チョーキングとは、外壁を手で触ったときに白い粉のようなものが付く現象です。
これは塗装が劣化しているサインなので、塗り替えを検討しましょう。

■ひび割れ
チョーキングを放置すると、ひび割れが発生します。
ひび割れの部分から雨水が侵入すると建物の構造部にも影響を及ぼすので、ひび割れを見つけたら早い段階で修繕しましょう。

■苔やカビの発生
苔やカビは外壁の見た目が悪くなるだけでなく、外壁の劣化を進行させる原因になります。
また、苔やカビは湿気が多い場所に発生するので、塗装の防水性能が落ちているサインにもなります。

■欠損・剥がれ
外壁の欠損や剥がれは、劣化症状の中でも重度です。
これを放置すると建物の耐久性が低下するので、早急に修繕しましょう。

▼まとめ
モルタル外壁に見られる劣化症状には、次のようなものがあります。

・色褪せ・変色
・チョーキング
・ひび割れ
・苔やカビの発生
・欠損・剥がれ

弊社ではクオリティの高い左官工事を提供していますので、外壁の劣化症状が見られたらぜひご相談ください。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 左官工事で使われる材料の種類とは?

    query_builder 2022/06/22
  • 左官工事が行われる手順を分かりやすく解説

    query_builder 2022/06/15
  • 左官工事の見積もりを取る際の注意点について

    query_builder 2022/06/08
  • 左官工事業者の選び方について

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE