Blog&column
ブログ・コラム

土間トラブルは自分で補修できる?

query_builder 2023/10/05
コラム
53

土間において、ひび割れやシミなどのトラブルを避けることはできません。
少しのひび割れは、業者への依頼を躊躇される方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、土間の様々なトラブルは自分で補修することができるのか紹介していきます。

▼土間のトラブルは自分で補修できる?
土間は経年変化によるひび割れや、色あせなど様々なメンテナンスが必要になることがあります。
特に外気に触れやすい空間であると、温度変化により劣化も早くなります。
少しのひび割れは自分で修復することはできますが、大きくなってしまった亀裂などは難しいとされています。
しかしシミなどは通常の床同様、自分でお手入れすることが可能です。

▼ひび割れ
土間のひび割れは避けられないものですが、小さい亀裂程度であれば「コンクリート補修材」で補修することができます。
ヘラなどを用いて、ひび割れの部分に埋め込んでいきます。
「ひび割れ補修材」はペイントタイプになっており、ひび割れ箇所に塗り込むだけで補修できるので比較的簡単な作業です。
しかし、大きな亀裂が入っている場合は、建物自体に影響がでていることもあるので早めに業者に問い合わせると良いです。

▼シミ
土間にシミなど汚れが付着している場合は、スポンジなどで擦ってみると落ちることもあります。
しかし固いスポンジなどで擦ると傷つけてしまうこともあるので、比較的柔らかいものを使用すると良いです。
洗剤も更にとれないシミになることもあるので、コンクリート専用の洗剤を使用することをおススメします。

▼まとめ
土間のトラブルは、程度によっては自分で補修することができます。
ひび割れであると「コンクリート補修材」「ひび割れ補修材」、シミなどにはコンクリート専用の洗剤を使用すると良いです。
弊社では、東京都を中心に埼玉・神奈川・千葉で左官工事を承っております。
キレイな仕事と丁寧な対応を心掛けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 外壁のクラックを補修する方法は?

    query_builder 2023/12/01
  • 外壁にクラックが起きる原因について

    query_builder 2023/11/03
  • 土間トラブルは自分で補修できる?

    query_builder 2023/10/05
  • 土間コンクリートにクラックが起きる原因は?

    query_builder 2023/09/03

CATEGORY

ARCHIVE