Blog&column
ブログ・コラム

外壁のクラックを補修する方法は?

query_builder 2023/12/01
コラム
55

外壁のクラックを放置していると、防水機能を低下する恐れもあるので、早めに補修することが大切です。
クラックは、経年変化により生じてしまう場合が大半なので、張り替えるタイミングでもあります。
そこで今回は、外壁のクラックを補修する方法について紹介していきます。
是非参考にしてください。

外壁のクラックを補修する方法
■小さなクラック
「ヘアークラック」とも言われる髪の毛ほどの小さなクラックはすぐに補修する必要はないと言われています。
しかし放置する期間が長くなるとカビやコケなどの原因になります。
また見た目の印象も悪くなっていきます。

簡単な応急処置で可能ですが、定期的にクラックが大きくなっていないか確認する必要があります。
ヘアークラックであると塗膜層のみに起こっている場合が大半なので、自分のやりやすい方法で埋めてあげると良いです。
塗料やスプレーセメントで埋め込む方法やシール工法などがあります。

■大きなクラック
クラックが比較的に大きい場合は、家への影響も考えられるので早急に業者に依頼することが大切です。
そのまま放置していると、雨漏れ・腐食・白アリの侵入など様々な悪影響が生じます。
クラックが更に大きくなると、工事の規模も大きくなるので、なるべく早い補修が大切です。

▼まとめ
外壁のクラックを補修する方法として、髪の毛のように小さいヘアークラックであるとご自分で塗料を埋め込むなどで応急処置が可能です。
しかしクラックが大きいと家の耐久性にも関わってくるので、なるべく早めに補修することが大切です。
弊社では、東京都を中心に埼玉・神奈川・千葉などで左官工事を承っております。
外壁のクラックでお困りの際など、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 外壁のクラックを補修する方法は?

    query_builder 2023/12/01
  • 外壁にクラックが起きる原因について

    query_builder 2023/11/03
  • 土間トラブルは自分で補修できる?

    query_builder 2023/10/05
  • 土間コンクリートにクラックが起きる原因は?

    query_builder 2023/09/03

CATEGORY

ARCHIVE