Blog&column
ブログ・コラム

モルタルとコンクリートの違いについて

query_builder 2022/03/21
コラム
14
頑丈な建物を形成するために「モルタル」「コンクリート」はよく使用されています。
「違いを知りたい・外構に活かしたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。
2つの違いが分かっていると、DIY・家の補修・リフォームなどでの素材選びにも役立ちますよ。
今回は「モルタルとコンクリートの違い」について、簡単にご説明させていただきます。

▼モルタルとコンクリートの違い
モルタルとコンクリートは用途や特性が異なりますが、どちらにも必ず混ぜるのが「セメント」です。
コンクリートは石灰石・粘土・石膏(せっこう)・けい石などを混ぜて粉末にしたものです。
水分に触れると硬化する性質があります。
様々なものを接着できるので単体で使うよりは、砂や繊維素材など他の材料と混ぜて使用するものです。

■モルタル
モルタルは、セメント・水・砂を混ぜ合わせて作ったもので、柔軟性が高くひび割れが起きにくいのが特性です。
耐火性もあることから住宅の壁・床以外にも、レンガ同士を接着して固定するのに活用されています。
上塗り材として、コンクリートの表面に塗布する場合もあるんです。

■コンクリート
コンクリート(セメント・水・砂)+砂利で作られ、モルタルより強度を上げたものです。
モルタルより柔軟性は落ちますが、強度が必要な高い建物や橋など大きな設備・施設で多く使用されています。

▼まとめ
モルタルは「セメント・水・砂」を混ぜ合わせたもので、コンクリートはモルタルの材料に「砂利」を足して強度を高めたものです。
モルタルは「接着剤・仕上げ材」コンクリートは「建造物の柱」などに広く使われ、どちらもセメントが重要な役割を果たしています。
弊社はモルタル・コンクリートを扱うプロです。
床や壁の劣化など東京エリアで左官工事が必要な不具合は気軽にご相談ください。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 左官工事で使われる材料の種類とは?

    query_builder 2022/06/22
  • 左官工事が行われる手順を分かりやすく解説

    query_builder 2022/06/15
  • 左官工事の見積もりを取る際の注意点について

    query_builder 2022/06/08
  • 左官工事業者の選び方について

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE