Blog&column
ブログ・コラム

クラックを放置するリスクについて

query_builder 2022/03/28
コラム
16
建物の外壁・内壁にクラックが気になる部分はありませんか?
なかには、いつから放置しているか分からないなんて方も少なくありません。
そこで今回の記事では、クラックを放置した時のリスクについて説明します。

▼クラックとは
クラックとは、亀裂・ひび割れが建物の内壁や外壁に出来てしまうことです。
乾燥・経年劣化・地震などが原因で、クラックが生じてしまいます。

▼クラックを放置するリスクについて
■建物の耐久性の低下
クラックを放置すると、建物の劣化の進み具合が早くなります。
サイディングやモルタルの下地部分が、腐食してしまう恐れもあるのです。
また、建物の弱体化を招く恐れのあるシロアリも発生してしまいます。

■雨漏り
クラックを放置していると、雨漏りになる恐れがあります。
ひびが入っている場所に、雨水が入ってくるのです。
雨水が入ることで徐々に室内を侵食し、雨漏りを引き起こします。

■健康被害
クラックが発生しているところから、雨漏りが起こるとカビが発生しやすくなります。
カビが繁殖してしまうと、やがてアレルギーや感染症を引き起こしかねません。

■美観性の低下
クラックがあると、建物の見た目が悪くなってしまいます。
古びた印象を与えかねません。
そのような時は補修を行うことで、美観性を取り戻すことが出来ます。
しかし、補修を始める時期が遅れてしまうと、コストが上がり修復期間も長くなるので注意が必要です。

▼まとめ
クラックを放置することで、建物の耐久性に影響を及ぼす恐れがあります。
雨漏りや健康被害を引き起こす恐れがあり、お家が住みにくい環境へと変わっていきます。
したがって、クラックを見つけたら早めに業者相談しましょう。
弊社では、クラックに関するお悩みを承っております。
丁寧に施工致しますので、ご用命の際は是非お問い合わせ下さい。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 左官工事で使われる材料の種類とは?

    query_builder 2022/06/22
  • 左官工事が行われる手順を分かりやすく解説

    query_builder 2022/06/15
  • 左官工事の見積もりを取る際の注意点について

    query_builder 2022/06/08
  • 左官工事業者の選び方について

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE