Blog&column
ブログ・コラム

左官工事とは?モルタル塗りの流れについて

query_builder 2022/05/15
コラム
23
左官工事は建物を作る上で欠かせない大切な工程で、モルタル塗りなどを行います。
そのモルタル塗りが、どのような流れになっているのかご存じでしょうか?
今回の記事では、左官工事のことやモルタル塗りの一連の流れに関して解説します。

▼左官工事とは
左官工事とはモルタルや壁土などを使い、建物の壁や床にコテで塗装をする工事です。
モルタルは、セメントと砂を水で練ったものです。
最終的な仕上げ作業の左官工事と、下地造りを行う左官工事の2つがあることも特徴です。

▼モルタル塗りの流れについて
①塗装下地処理
コンクリート打設後の型枠解体時に、取り外されたPコンによってできた穴を埋めます。
その後グラインダーがけ・ブロアー・ボンド塗布・下地処理の手順で下地を形成していきます。

②吸水調整剤を塗布する
吸水調整剤を下地になるコンクリートに塗布します。
塗りつけるセメントモルタルは乾燥すると脆くなるので、吸水調整剤でモルタルの水分が吸い込まれないように抑制します。

③セメントモルタルを塗布する
いよいよセメントモルタルを塗りつける作業です。
塗りはじめを「下塗り」、仕上げを「上塗り」と言います。

▼まとめ
左官工事でのモルタル塗りの手順・流れは「塗装下地処理」「吸水調整剤塗布」「セメントモルタルを塗布」という流れです。
塗り方によって耐久性に影響が出るため、職人の経験と腕が必要です。
左官のことなら【新川左官工業 株式会社】にお任せください。
弊社では遠方での作業や突然のご依頼でも対応いたしますので、何でもお気軽にお申し付けください。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 左官工事で使われる材料の種類とは?

    query_builder 2022/06/22
  • 左官工事が行われる手順を分かりやすく解説

    query_builder 2022/06/15
  • 左官工事の見積もりを取る際の注意点について

    query_builder 2022/06/08
  • 左官工事業者の選び方について

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE