Blog&column
ブログ・コラム

漆喰と珪藻土の違いは?

query_builder 2022/07/22
コラム
32

漆喰や珪藻土は、左官工事で行われる壁面塗装の代表で、どちらも扱いやすい材料です。
目的によって使い分けることはもちろんですが、具体的にどんな違いがあるか気になりますよね。
そこで今回は、漆喰と珪藻土の違い・それぞれを選ぶ際のポイントを併せて紹介します。

▼漆喰と珪藻土の違いは?
■漆喰
漆喰は消石灰を原材料とし、のりを使って壁に塗っていきます。
つるつるとした表面に仕上がり、手触りが良いです。
消臭効果や断熱効果があり、住宅の壁に適した材料といえるでしょう。

■珪藻土
対する珪藻土は植物性プランクトンを原材料とし、小さい穴が開いていることが特徴です。
漆喰とは異なり、ざらざらとした表面に仕上がり、デザイン性が高いのが特徴です。
この穴には除湿性能があり、湿度が気になる室内ではとても効果を発揮します。

▼漆喰と珪藻土を選ぶ際のポイント
ポイントとしては、「見た目」「効果」の2つを重視すると良いでしょう。
つるつるした見た目が好みであれば「漆喰」、ざらざらが好みであれば「珪藻土」がおすすめです。
消臭・断熱機能を重視するなら「漆喰」、除湿機能を重視するなら「珪藻土」です。

▼まとめ
漆喰の特徴は「消石灰を原材料とし、つるつるした表面と消臭効果」などです。
また、珪藻土の特徴は「植物性プランクトンを原材料とし、ざらざらした表面と除湿効果」です。
大きな違いはないので、選ぶ際は「見た目」と「効果」を重視しましょう。
東京で左官工事をご希望の方は、「新川左官工業 株式会社」にお任せください。
迅速丁寧に対応させて頂きます。

NEW

  • 【洗い出しサンプル作成中】東京で左官工事なら新川左官工業株式会社

    query_builder 2022/02/21
  • 塗り壁を漆喰にするメリットとは?

    query_builder 2023/02/01
  • 塗り壁の主な仕上げパターンをご紹介

    query_builder 2023/01/15
  • 塗り壁外壁にはどんな魅力があるの?

    query_builder 2023/01/01
  • 家の内壁を塗り壁にするメリット

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE